プラセールの特長

Preventive Law

私たちのモットーである、「Preventive Law」。これは「予防法務」を意味します。御社の抱える問題、または労使トラブルの元となる要素を徹底的に排除し、会社の成長をサポートさせていただきます。

「性別・世代」の異なる2人がタッグを組んでご相談に応じます。

1人は長年を大企業で過ごしてきた60歳代の男性、もう1人は中小企業を中心に実務経験を数多く積んだ30歳代の女性・・・。
「例え同じものを見ても(聞いても)」、その視点、捉え方が異なることがあります。こんなとき、私たちは事務所内で十二分に話し合いを行います。 お互いにそれぞれの視点・感性・経験を尊重しつつ、さまざまな観点から検討を加え、社労士法人としての結論を導き出します。杓子定規ではない、ご相談者のお立場・お考えなどを十分に咀嚼・勘案したうえで、御社にとって最もふさわしく、法に適った適切な提言を差し上げられるものと考えています。
これがプラセール社労士法人の強みです!

プラセールの意味

「プラセール(placer)」とは、スペイン語で「pleasure(喜び)」を意味します。種々の場面で、「thank you」のお気持ちをいただけたら、それが「our pleasure」ですとの、そんな思いを込めて名付けました。

メンバー紹介

朝倉 成夫(写真)
朝倉 成夫(あさくら しげお)
約35年間、三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)に勤務し、その後社労士となる。昭和の高度経済成長期から現在に至るまでの労働環境の変化を肌で感じてきて、中高年以上の気持ちを理解したアドバイスをすることができる。
原 彩子(写真)
原 彩子(はら さいこ)
銀座アスター食品㈱、IT企業の管理本部での勤務を経て社労士となる。現在は、生涯学習のユーキャンで講師も務めており、正確な知識とともに実務経験を活かしたアドバイスをすることができる。企業が活性化し、正のスパイラルに入っていく背景には経営者と従業員の信頼関係があることを自ら体感。信頼に基づく「元気な会社づくり」のお手伝いを目指している。

アクセス

168-0064 東京都杉並区永福4-4-2 MONビル4階
京王井の頭線「永福町駅」から徒歩1分
(ビルの1Fにある青柳が目印です)